FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

アルネ・ヤコブセンの椅子

2010-08-23-Mon

 
セブンチェアのアームタイプと、写真手前がグランプリチェアです。
アルネ・ヤコブセン(Arne Emil Jacobsen 1902~1971)デザインです。
デンマークのフリツハンセン社で、1955年頃から製造販売されていまが、
半世紀以上もの長い年月が経過しても、現役なのだから、立派です。

chair_a.jpg


セブンチェアは、目にすることも多いのではないでしょうか。
このアームタイプは、真正面から見ると、アームが、ひょいと伸びた様子が、
なかなかどうして、ひょうきんな表情をしていて、微笑ましくなります。
機会がありましたら、是非、真正面より、その表情をご覧ください。

グランプリチェアは、ご存じない方が多いかもしれません。
ミラノ・トリエンナーレ(ミラノで開催される美術展)で、
1957年に、グランプリを受賞したことから付けられた名前です。
元々は、チークの足とレザーの張り地でできていたものです。

これらの椅子の座面から背面にかけては、三次元の成形合板です。
板を何層か重ね、それぞれをボンドで接着し、形を整えます。
学生のころ、フリツハンセンの工場を訪れる機会に恵まれ
その工程を、興味深く見学したことがありました。
蒸気で熱し、椅子の形にプレスしていたのが、とても印象的でした。

北欧の照明

2010-05-18-Tue

 
北欧を代表する照明器具を選ぶとすると、間違いなく、その一つに
ポール・ヘニングセンによるデザインの
「PH5」が、あげられるのではないでしょうか。

PH(ピーエイチ)とは、彼のイニシャルからこう呼ばれ
シリーズとなって、いくつかのタイプがあります。

PH-5.jpg


「PH5」は、1958年にデザインされてから今日まで
半世紀以上にもおよぶ長い年月を
ルイスポールセン社で、製造されつづけている照明です。

電球の眩しさを取り除くため、
外側からは電球が見えないように、デザインされています。
また、シェードの曲線を計算し、発せられた光をシェードに反射させ
光をコントロールして、物の見え方のクオリティを向上させています。

へニングセンは、明りの機能と美しさを大切にし
その思いを、次のような言葉にしています。
「PHランプは住宅用の照明であると考えています。
住宅と、そこに住む人々を美しく彩り、
安らぎとくつろぎの夕べをつくることを、めざしているのです。」

ファブリックパネル作り!

2010-01-21-Thu

 
マリメッコの生地でファブリックパネル作り!

本日は、ワークショップを開催いたしました。

ワークショップ100121

「作ってみたい!」とのお声をいただいていては
その都度、お手伝いさせていただいていましたが
今回は、自由が丘の隠れ家サロンをお借りして
初めてのワークショップとなりました。

6名の皆様にお集まりいただき
お茶とお菓子をいただきながら、和やかな雰囲気でした。

ファブリックパネルは、木製パネルに生地を貼って
壁に掛けるなど、インテリアとして楽しんでいただけます。

« PREV   |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事