FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

音楽のある家

2010-05-31-Mon

 
ご自宅での、音楽の聴き方は、二通りあるように思います。
オーディオの前にじっくりと、腰を据え、
その録音のキレイさまでも楽しむような聴き方と
もう一つは、バックミュージックのように、
空間に、音楽を漂わせているような聴き方です。

わたしとしては、断然後者で、
それも、オーディオのあるその部屋で聴くよりも
隣の部屋で聴くくらいの距離感があるのが、好みです。

music.jpg


昨年、完成して、お引き渡しをしたお宅に、
その後、お邪魔させていただいたことがありました。
1階のダイニングのテーブルで、紅茶をいただいていると、
2階のオーディオルームから、クラシックの音楽が
階段や吹き抜けを通して、柔らかく、流れ降りてくるのです。
あぁ、これこれ…
音が空気に馴染んで、漂っている感じなのです。
こんな風に、暮らしていただいていることが、嬉しかったです。

照明の明かりが灯って、部屋の印象が変わるように
音楽だって、その部屋の印象を変えます。
音楽をつくる方にとっては、不本意かと思うのですが
建築に携わる者としての立場で、お話しさせていただくと、
部屋に漂う音楽は、インテリアでもあると、常日頃、思っています。

だから、そのことを、ちゃんとご存知でいらして
家での、時間とか、空気とかまで、大切にされ
こうやって暮らしてくださるのは、わたしの本望です。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事