画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外製ドラム洗濯機

2012-07-07-Sat

 
ミーレの洗濯機の修理風景です。
専属の修理業者さんが来て、パソコンが聴診器の代わりになって
不具合の箇所を調べたり、何回洗濯をしたとか、衝撃が加わったとか
データになって画面に表示されるのには、少々驚きました。

 
miele.jpg


海外製のこうしたドラム式洗濯機は人気があり、
家の新築やリノベーションの際に採用を希望されることがあります。
見た目もすっきりしていて、お洒落。
洗面所なり、ユーティリティーの空間の納まりがいいのも確かです。

ミーレはドイツのメーカーの商品ですが、
ドイツではオーブンや食洗機をキッチンに組み込むように、
洗濯機や乾燥機を組み込んで使うというのが一般的な感覚で、
壊れたら買い換えるというより、修理しながら長く使うようです。
それが資源を大切にし、自然環境に配慮した考え方だからで
実際、堅固に作られており、修理交換部品も長期間整えられています。
修理の方に伺うと、40年前のミーレ洗濯機を修理したことがあるそうで、
修理部品も本国に依頼したところ、ちゃんと届いたそうです。

今回、初めて修理に立ち会いましたが、修理代はそれなりにします。
堅固に作られ長く使える…とは、修理をすれば長くということで、
一回の修理代は、日本製の安価な洗濯機が変える値段です。
使いはじめて8年位が過ぎると、だいたい修理が必要になるそうです。
今後はクライアントに、そのこともお伝えしなければなりませんね。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。