画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三谷さんのバターケース

2012-06-21-Thu

 
良いバターケースが無いなぁ・・・と、何年も探していたことがありました。
朝食のテーブルに、どうも納まりの良いバターケースがありませんでした。
テーブルにあって、いやな感じじゃないものが欲しかったのです。

butter_case.jpg


そんなある日、青山で立ち寄った雑貨屋さんで見つけたのが、
このバターケース、一目惚れでした。
柔らかい木の肌触りと、角の丸みがなんとも言えませんでした。
三谷龍二さんという、木の器などを作る木工作家のもので、
山桜の木を削ってくり抜いて作っているのだそうです。
バターは、直接ケースに入れると、程よく油が染み込み
使い込むほどに美しく色艶が増し味わい深くなっていくとのことでした。

ところが、お店にあったそのものは展示品で、
注文してから手に届くまで、1年くらいはかかると言われました。
良い木が無ければ作れないし、手間も、ひまも掛かる上に、
当時、このバターケースは、隠れブームになっていたようなのです。
バターケースとしては決して安いものではないけれど、注文して帰りました。
ノートになっている注文書には、私の上にも、名前と住所がずらーり。

気長に待つことにしましたが、2年近くも過ぎればさすがに忘れます。
そうして本当に忘れたころ、お店から連絡をいただき、
三谷さんのバターケースは、朝食のテーブルに並ぶようになりました。
それから何年も過ぎますが、色艶が増し味わい深くなっています。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。