画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォールデン森の生活

2012-06-12-Tue

 
最近とても興味深い本に出会いました。
ウォールデン 森の生活」ヘンリー・D・ソロー著
英語の原本が1953年に出版されてから、これまで幾多の翻訳本があり、
いまだに広く関心が寄せられている本であることがうかがえます。

forest_bw.jpg


著者は1984年の春に、森の中のウォールデン池の畔に自ら小屋を建て、
約2年間をそこで暮らし、自然を観察し、人を観察し、
深い洞察により得た叡智が、この本で語られています。
その知恵は、自然を含めた人間の生活という本質の部分で、
変わることはなく、今この時代に読んでも古さを感じませんでした。

森の中に建てられた小屋の大きさは、
幅10フィート、長さ15フィートといいますから8畳強の広さで、
柱の高さが8フィートなので、壁際の2.4メートルくらいから
切り妻の頂部に向かって勾配なりに高くなっているのでしょう。
ここに、暖炉、ベット、テーブル、椅子3脚と生活雑貨が入り、
シンプルに、潔く暮らしたということに、やはり興味は魅かれます。

現代の日本において、この暮らしが成り立つとは思いませんが、
削ぎ落として、削ぎ落として、そこに何が残るかと意識して
住宅の設計をすることは、とても意味あることだと思っています。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。