FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーネットの椅子

2012-05-29-Tue

 
都内のインテリアショップが開催する
島崎信氏によるインテリアのトークイベントがありました。
主にトーネット社の椅子についてのお話しでしたが、
時代背景と合わせて聞く当時の様子は、大変興味深いものでした。

thonet_no14.jpg


トーネットの椅子はご覧になれば「ああ、それね」と、
どなたもが、どこかで目にしたことがあるかと思います。
そのトーネット社の創始者であるミハエル・トーネットは
1796年にドイツのライン川沿いのボッパルドという町に生まれ
その地で家具工房を開き、現在もトーネットの本社があります。

当時は椅子などの木工は木を削り出して形を作っていましたが、
トーネットは蒸気と熱で木を曲げる曲げ木の技法を開発し
量産、運送、コストバランスまで視野に入れて椅子をデザインしたのです。
椅子が分解組み立てができるなど、それまで考えられなかったことですが
全体を考慮した販売戦略が、当時既に行われていたとはスゴイことです。

一番有名な、写真のシリアルナンバー14の椅子は、
1859年から現在まで、2億脚以上が売れているそうです。
また既に製造中止になっている椅子が、復刻版として販売されると、
高い値でも、あっという間に売り切れ、いまだ高い人気を博しています。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。