FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖路加病院のチャペル

2012-06-06-Wed

 
少し前に友人が、築地の聖路加国際病院に入院していました。
お見舞に行くと、多少暇を持て余していた友人が、
素敵なチャペルがあるからと、病院内の教会へ案内してくれました。

seiruka_chapel.jpg


病院内の廊下を通って行けるその教会は
大きくはないけれど、古く重厚な雰囲気の立派なチャペルでした。
入口前面は、は艶の良くなった木の枠に、ガラスがはめ込まれており、
ガラス越しに内部の様子を見通すことができるようになっています。
正面の色鮮やかなステンドグラスやボールアーチの連なる天井、
ここが病院内で、日本だということを忘れてしまいそうでした。

米国聖公会宣教医トイスラー博士による聖路加病院の礼拝堂として
チャペルは関東大震災後の1925年に完成したそうです。
当時は病院のどの病室からも、屋上にある十字架が見えたそうですが
チャペルをそのままに、病院本館は後に建替えられました。
今も毎週日曜日には人々が集まり、ともに祈りを捧げているそうです。

クリスチャンでなくても、やはりこういう場所は、
心が静まり、穏やかに、神聖な気分になるものです。
お見舞に行き、思わず素敵なチャペルを見ることができましたが、
その友人も既に退院し、心配することなく日常生活に戻っております。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。