FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テマヒマ展

2012-05-04-Fri

 
ゴールデンウィークのも終盤にさしかかっている今日
ミッドタウン 21_21 DESIGN 「東北の食と住 テマヒマ展」へ行きました。
午後、雨が降りだしたので傘をさしながら・・・
でも、こんな雨の日の美術館、ちょっと似合うと思いませんか。

21_21.jpg


テマヒマ展は、東北の食べるものや日常の道具が、
自分たちの生活のためにあったことを思い出させる
デザイナーの佐藤卓氏や深沢直人氏等のチームによる企画展です。
津軽飴や凍り豆腐、凍み餅、いわしの焼き干し、打ち豆、駄菓子
漆器、木のりんご箱、曲げわっぱ、りんご剪定鋏、
農家がにんにく出荷時に根を切るにんにくナイフなど、
ガラスのケースに美しく展示され、効果的に照明が施されて、
展示、それ自体がアート作品となっていました。


佐藤卓氏のこんな言葉がパネルになってありました。

  食べるものや日常使う道具というものは、

  もともと売るためではなく自分達の生活のためにあった。

  そこに日本のアノニマスな素晴らしいもの達が潜んでいる。

  近代の合理主義で徐々に徐々に破壊されつつも

  東北に今なお残る食と住に、今一度注目してみたいと思う。


震災を経て、わたしたちは東北に注目をするようになりましたが、
現代社会・・・特に都会で暮らす者たちが、
ほとんど忘れてしまった人の暮らしのありかたのようなものを
再発見する機会にもなっているのだと、展示を見ながら思いました。
そして起ってしまった震災なのであれば、
それを無駄にすることなく、意義を持たせ、繋げることは、
わたし達の大切な役割に、成り得るのではないでしょうか。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。