FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磨く

2012-04-27-Fri

 
20年近く愛用しているケトル。
先日、お亡くなりになった柳宗理氏デザインのものです。
実は、柳宗理氏のとは知らずに、東急ハンズで一番カッコイイの、と、
少々値段も他のものより高かったけれど、奮発して買ったのでした。

kettle.jpg


引越しをしてもその先々で、常に五徳の上が指定席。
その横で炒めモノをしたり料理をするので、
ケトルには、油や調味料、食材が飛び散って、
さらにそのままお湯を沸かせば、しっかり表面に焦げ付いていました。
それでも使い込んだ感があって良いかと、意に介していなかったのです。

ところが先日、それを急に磨きたいという衝動に駆られました。
食事の後片付けを終え、不意に目の端に入ったケトル、
クレンザーと固い目のスポンジとを手にしたかと思えば
ひたすら手を動かし、無心に焦げ付いた表面をカシャカシャと。
気が済むほどに磨き終えたときには、優に1時間以上が過ぎていたようです。

ピカピカになったケトルを、また五徳の上に置いて眺めました。
それからお湯を沸かし、キッチンに立ったままお茶を飲み、さらに眺める。
「これからも仲良くしていこうよ」と、言葉にせず語りかけていました。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。