FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-02-27-Mon

 
学生の頃、色彩の勉強をしている中で、
国や人種によって見ている色には違いがあると聞いたことがありました。
最近、読んだ色彩とは関係のない本にも、そのことが書かれていました。

color.jpg


色には「赤」「緑」「青」の三原色というのがあり、
これを基本にした組合せで「白」「黄」「青」「黒」などは作れます。
人が神経細胞で色を識別する三種類がこの「赤」「緑」「青」で、
それの混ぜ合わせで、いろいろな色を認識しているのです。
神経細胞が、この三原色に反応する感受性は、
人によって微妙な違いがあり、人種や住む環境によっても左右されます。
よって厳密には「あなたとわたしの見ている青は違う」ということです。

建築に携わっていて、クロスやカーテンなど輸入品においては、
どうしてこんな色を作っちゃうんだろうと思うものから、
なんでこんな微妙で美しい色ができるんだろうと思うものまであります。
洋服など輸入品で、そんな経験をされたことがあるのではないでしょうか。

それで、その本に書かれていたことなのですが、
日本からヨーロッパへ輸出するカラーテレビは、
三原色のバランスをかなり変え、相手国の感覚に合わせているそうです。
そんなことまでしていたのかと、それはちょっと驚きでした。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。