画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのお宅拝見 Vol.2 House_B ②

2011-10-07-Fri

 
昨日にひきつづきドイツの友人宅です。
こういった集合住宅を新築で購入すると、自分たちで間取りを考え、
床、壁、天井の仕上素材や水廻りの設備まで選ぶことができるそうです。
日本の分譲マンションのように、選べるものが決まっているわけではなく
自分たちで選んできて「これを使ってください」ということが可能だそうです。

日本では、お高いドンブラハの水栓が、バスルームにカッコ良く付いていて、
キッチンには、ガゲナウのオーブンやレンジが、さり気なく納まっていました。
安くはないにしても、日本で考えるほど、お高くないのだそうです。
ところがウォシュレット、日本のトイレでは、かなり浸透していますが、
海外では、まだまだ珍しいもので、扱うメーカーも少ないそうです。
日本の生活を知る彼らとしては、どうしても欲しくて注文すると、
「トイレが、こんな値段なの?」というほど高価だったと、こぼしていました。

german_apartment_6.jpg

プライベート・バスルーム


german_apartment_7.jpg

プライベート・バスルームのシャワーブース


german_apartment_8.jpg

ゲスト・バスルーム(洗濯室にもなっている)


german_apartment_11.jpg

建物地下の駐車場


<< Vol.1-ドイツのお宅拝見Vol.2-Vol.3 >>

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。