FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

言葉が好きな人々

2011-05-07-Sat

 
今日は久しぶりに、北欧こぼれ話をさせていただきたいと思います。
ゴールデンウィークに入って、たまっていた写真の整理をしていると、
少々衝撃的だったことを思い出させる一枚が出てきました。

language.jpg


昨年の夏、フィンランドとスウェーデンを旅した際、観光地などへ行くと、
写真の彼女のように、胸にいくつものバッチを付けている人を見かけました。
見るとそれは、いろいろな国の国旗がバッチになっていたのですが、
観光地で古い建物のガイドツアーや案内係をしていくれるスタッフで、
「私はこれだけの国の言葉を話せますよ」のお知らせなんです。

どう見ても20代前半としか見えない彼女が、6ヶ国語を話すなんて!
まったく信じられない話しですが、これは彼女に限ったことではないんです。
他の人々も平然と、4つ5つとバッチを胸元に輝かせているのです。
単純計算をすると、1~2年に一言語を習得していることになりますから、
いったい頭の中の構造が、どうなっているのだろうかと不思議でなりません。

フィンランド人の友人で、大学へ通う20代の女性がいるのですが、
彼女も母国語のフィンランド語はもちろん、英語はあたりまえ、
スウェーデン、ドイツ、スペイン、フランス、と6ヶ国語が話せます。
見ている前でも、しゃべる相手によって、くるくると目まぐるしく
フィンランド語、スペイン語、英語というように言葉が変わるので

  「なんで、そんなにいろんな言葉をしゃべれるの?」

  「ん・・・、言葉が好きなのよ。」

と、あっさり答えてくれるじゃありませんか。
北欧には、言葉が好きな人々が、大勢いるのかもしれないですね。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事