FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

マザー・テレサ

2010-10-21-Thu

 
あるワークショップで、マザー・テレサのことがテーマとなり、
それがきっかけで、2冊のマザー・テレサの本を読むことになりました。
マザー・テレサは、1910年8月26日、ユーゴスラビアに生まれます。
今年は、ちょうど生誕100年、ミサが東京カテドラルにておこなわれたり、
写真展や映画祭などのイベントが、この夏、日本でも、おこなわれました。

Mother_Teresa.jpg


ここであらためて、ご紹介するまでもなく、その活動は世界中が知り
貧しいく苦しむ人々とともに生きた「20世紀の聖女」と呼ばれています。
1979年には、その活動を評価されノーベル平和賞を受賞しました。

「私のための晩餐会は不要です。
その費用は、どうか貧しい人々のためにお使い下さい」
と、ノーベル賞授賞式の場においてマザー・テレサは要望し、
「世界平和のために、私たちはどんなことをしたらいいですか」
と、インタビューで尋ねられると、その答えはシンプルなもので、
「家に帰って、家族を大切にしてあげてください」と。

このとてつもない信念と愛は、宗教があってこそだとするならば、
宗教が、文化や慣習としてあるだけとなっている人間が、
その拠りどころを、どこに求めたものかと、そんなことを思うのでした。
何かを成し遂げるには、それに見合った信念が必要だし、
人は愛があって、生きていられるのだろうとも思います。

1997年9月5日、マザー・テレサは「もう息ができないわ」と倒れ
息を引き取る間際まで、神への祈りを捧げ、87歳の生涯を終えています。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事