FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

旅の必需品を携えて

2010-07-10-Sat

 
海外の旅、出発の2~3週間前になると、部屋にスーツケースを開け
思いついたものを、投げ込むように入れていきます。
パスポート、エアチケット、ガイドブック、着替え、etc…
そして、忘れないようにと気をつかうのが、ビーチサンダルです。
私にとっての必需品で、かなり便利な小道具です。

airplane.jpg


旅先のホテルでは、ベット以外は靴を履いているのが普通だと思います。
靴を脱いでベットでくつろいでしまうと、あらためて履くのは面倒です。
机のペットボトルやガイドブックに、手がとどかなくて、
つま先立ちで歩いて、靴を履かないことを許されようともします。
また、ホテルでは、トイレやバス、洗面が、一室になっているので
シャワーを浴びた後など、床が濡れていると、裸足で入る気はしません。
そんな経験から、ビーチサンダルを必ず持参するようになりました。

もちろん部屋の中では、靴を履くより断然リラックスできますし、
朝は、ビーチサンダルで、朝食を食べに降りて行きます。
もっと若い頃には、とても立派とはいえないホテルに泊まり
シャワールームの床では、裸足になるのもはばかられ、
海水浴の後のように、ビーチサンダルでシャワーを浴びたこともあります。
私の旅とビーチサンダルは、切り離せない関係です。

そして、たった今、そんな旅のことに、思いを巡らせながら、
ビーチサンダルをつめ込んだスーツケースのパッキングを、終わらせました。
明日は、昼前の便で、成田からフィンランドへと向かいます。
白夜の季節の北欧を、しばらくぶりに旅しながら、
建築やインテリア、デザインのこと、たっぷり吸収してきたいと思います。

 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事