FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

冬の寒さ

2012-02-17-Fri

 
昨夜は打合せを終えて少し遅い時間に駅を降りると、
街灯に照らされた夜道も、車のフロントガラスも、家々の屋根も
うっすらと雪に白く、寒さとともに、なんだかひっそりとしていました。

flower_shop.jpg


先日のバレンタインデーのこと、ミュンヘンに暮らす友人からメールがあり、
このところのミュンヘンはとても寒く、零下15~20℃だとありました。
「今日はバレンタインデーだから主人にお花を買って来ようかと思ったけど、
この寒さじゃ、お花も家に着くまでにダメになちゃうから、今年はナシ!」と。

昨夜は他の友人に、このことを話したら
「そんな寒さでも、お花を売っているんだぁ!スゴイね」
と、驚いていましたが、確かに、お花屋さんが営業しているのもスゴイです。
誰がどこで栽培するのか、それに運送だって相当に気を使うことでしょうから。
その辺の事情、今度ミュンヘンの友人に聞いてみたいと思います。

わたしの生活環境から考えると、ミュンヘンは想像もつかない寒さで、
いったいどれだけ寒いのだろうかと、興味魅かれるばかりです。
旅をするのは、暖かい季節になりがちですが、
いつか冬のヨーロッパを訪れてみたいと、寒がりなくせして思っております。

卒業作品の審査会

2012-02-16-Thu

 
先週は、建築デザイン学校の卒業作品の審査会に伺いました。
初めてのことで、責任感を感じながらも楽しみでもありました。



商業施設、集合住宅、住宅など、いくつかの部門がありました。
パソコンを駆使してプレゼンボードは作られ、
写真や画像はプロのものと見まがうほど完成度も高く
どれも一様にキレイに、そつのない印象ではありました。
わたしが学生の頃は、手書き図面やパースですから、
絵が得意な学生や、図面への緻密さがその学生らしかったり、
そんな手作り感が顕著でしたが、それは既になくなっていました。

そして時代を反映しているのはもちろんなのでしょうが、
やはり昨年の震災を意識した作品が多かったですね。
その意識の仕方は様々で、絆や家族がテーマになっていたり
地下に建物を埋めるものや、震災にあった集合住宅の再活用など、
それぞれに感じたことが作品に表現されているのを感じました。

50点以上の作品を4時間かけて見て、審査をしたのですが、
一つ一つの作品のコンセプト、図面、スケッチ、模型と見るので
それはそれは結構なボリュームで、4時間後にはぐったりでした。
そう、その後の会議室で出されたお茶が、やたら美味しかったのですよ。

餃子パーティー

2012-02-13-Mon

 
「ウチの餃子は美味しいよ!今度お出でよ!」と、暮れの忘年会のこと。
昨日は、お付合いのある施工店の社長さんのご自宅へお招きいただき、
奥様お手製の餃子で、休日午後に緩やかなパティーとなりました。

gyouza_party.jpg


かれこれ10年ものお付合いになる仕事のお仲間で、
いつも腕の良い仕事をしてくださり頼りにしている方なんです。
こうして仕事を一緒にさせていただいていても、
なかなかご自宅までお邪魔することは、ないのですが、
この度は、お言葉に甘えさせていただきました。

そして餃子、ご自慢の餃子だけあって、美味しかったです。
でーん!!とテーブルに置かれたボリュームも迫力も満点の餃子は
あれよあれよという間にお皿から消え、みんなの胃袋へと納まりました。
写真にちらりと見える赤ワインが、また餃子に良く合うんですよ。
はい、昼間からしっかりお酒もいただきました。

勢ぞろいした3人の子供達も、みんな気持ちの真っ直ぐないい子で
この餃子とご家族があってこそなんだな~と、しみじみ思うのでした。
また違った一面を垣間見ることができ、ほのぼの良い一日でした。

« PREV   |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事