FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

フッガーライ世界最古の社会住宅 ③_in Germany

2011-10-14-Fri

 
フッガーライの博物館となっている開設当初の家の中の様子です。
居室の床は木製だけれど、キッチンや廊下の床はレンガです。
白い塗り壁は、窓から差し込む陽を優しく受け、
室内を柔らかく、なんともいえない落ちついた雰囲気にしていました。

この2階は別の住居になっていて、隣に並ぶ玄関ドアから入るのですが、
その昔、モーツアルトの曾祖父のフランツ・モーツアルト一家が、
1681年から、フランツの亡くなる1694年まで住んでいました。
壁にはそのことを記した銘板が、掲げられ人目を引いていました。
銘板があるだけで、現在もフッガーライの住人が暮らしているそうです。

fugger_10.jpg

キッチンのコーナーに、レンガでできた炊事場と牧割り器具が見える


fugger_11.jpg

キッチンの窓際のダイニングテーブルが当時を思わせる


fugger_12.jpg

寝室のドアを開けると2階住居の階段の下でそこをくぐって入る


fugger_13.jpg

塗り壁、床や天井は木製で、陽の明りが柔らかく部屋に広がる


fugger_14.jpg

古い無垢の木製ドア、取っ手にはアイアン
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事