画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓼科の紅葉

2011-10-29-Sat

 
先週は蓼科へ行っておりましたが、山は紅葉がはじまっていました。
別荘の計画で、雪が降る前に敷地を見ておこうと出掛けましたが、
夏の避暑や冬のスキーシーズンばかりをイメージしていたところ、
蓼科の高地の秋の美しさも思わず知ることができて大きな収穫でした。

kouyo.jpg


プロジェクトのはじまりは、いつもワクワクします。
ここにあるものをどう生かして、最善のカタチにしようかと、
全神経を集中させて、その場所に立つ緊張感が好きです。
もう何度もそういうことをしてきているけれど、変わりませんね。

子供の頃は、赤く色づくもみじを見ても、何の感慨もありませんでしたが、
大人になるにつれ、歳を重ねるごとに、心に響いてきます。
鳥のさえずりに耳を傾け、きらきら輝く木漏れ日を浴びて、
小川のせせらぎに安心感を覚え、落葉を踏みしめ大地を想う。

そうやって、ありがたいと思ったり、幸せを感じたり、と。
なんだか歳をとった気分ですが、このごろそんなことを想います。
そしてそういうことが、わたしがつくる家にも反映されるのでしょう。
スポンサーサイト

ヨコハマトリエンナーレ黄金町エリア

2011-10-27-Thu

 
ヨコハマトリエンナーレは横浜の黄金町エリアでも、
自らの事務所を開放したり、新たにスペースを借りたりしながら、
それぞれのパフォーマンスを繰り広げていました。
このエリアで行われていることが、わたしには面白く興味深く思われました。

adelie.jpg


黄金町では街の活性化を図るプロジェクトにアーチストが関わっており、
老朽化した昔ながらの居酒屋やスナックの同じ建物の並びに、
写真家、建築家、デザイナーの事務所、外国人による英会話教室など、
地域に根ざして、個性的に、愉快に活動をしているようでした。

間借りのパン屋さんに入ってみると、実はデザイナーだという藤森さん。
名刺には、「Web作成 カタログ、チラシ、イラスト、パン、菓子」とあって、
どれも作成するからデザインだし、名刺に並べちゃったのだそうです。
やりたいこと、やれることを、これが私だからという在りのままの名刺が、
彼女の人柄の表れのようで、その誠実さを頼もしく思いました。
そして、レーズンから作る天然酵母のパンも、シンプルで素朴で誠実でした。

町の活性化や町興しに、アーティストが参加する例は、時々耳にしますが、
実際に、この地域を歩いて、見て、話をして、そのことの意味を実感しました。

ヨコハマトリエンナーレ

2011-10-26-Wed

 
横浜では現在、ヨコハマトリエンナーレが開催されています。
2011.8.6~11.6までなので、もうじき閉幕となりますが、行って参りました。
「現代アートの国際展」ということで、現在活躍する国内外のアーチストが
横浜美術館をはじめとするその周辺地域で、作品展示をしています。
今回は「みる」「そだてる」「つなげる」の理念のもと、開催しているそうです。

yokohamatriennale.jpg


写真の作品は、ここにある59個のランプが、
横浜に住む子どもの部屋の電灯スイッチと繋がっていて、
子どもが電灯のスイッチを入れると、作品のランプは消え、
子どもが電灯のスイッチを入れると、作品のランプが点灯するそうです。

時間帯は平日の午前中なので、子どもたちは学校へ行っているはずで、
ほとんどのランプが点灯していますが、消えているランプもあります。
電灯を点けっぱなしで学校へ行ったのか、
お母さんが、電灯を点けて部屋の掃除をしている最中なのか、
鑑賞する側は、作品を見ながら想像がかき立てられるパフォーマンスでした。

一昔前とは、アート作品の概念が益々変わっていくようで、
どこまでをアートというのか、日常にアートは存在するいうべきか、
なんだか、もぞもぞと、そんなことを考える一日でした。

旅のおまけ

2011-10-24-Mon

 
ドイツ旅行をブログに綴りながら、帰国して既に1ヶ月が過ぎ、
すっかり日常にもどり、仕事や雑事に追われる毎日を過ごしております。
仕事を持ちながら、2週間もの旅行へ出掛けられる環境に感謝しています。
周囲の皆様には、温かいご理解をいただき、本当にありがとうございました。

見てみたい! 感じてみたい! 経験したい! 
というのが、私を異国の旅へと駆り立てる動機なのだと思います。
お腹がいっぱいでも好奇心が食べ、疲れていても好奇心が歩く。
若い頃から、いつもいつも、そんな旅をしていたように思います。

それでは最後に、トランジットで寄ったドバイ空港の写真です。
うわさに違わず華やかな空港で、大金や車の当たるくじもありました。
ドバイの料理を食べられるものなら食べてみたいと思っていましたが、
空港内には、マクドナルドやスターバックス、ハーゲンダッツなど、
どこにでもあるファーストフードやカフェが、ずらーりと並んでいました。

写真のアラビア文字で書かれた看板は、
「マクドナルド」「スターバックス」って書いてあるのだと思いますが・・・。
 
dubai.jpg


mc_dubai.jpg


stabuks_dubai.jpg

ミュンヘンフィルハーモニー _in Germany

2011-10-23-Sun


ドイツの旅の終わりは、ミュンヘンフィル・ハーモニーのコンサートでした。
翌日の出国を前に、この旅のフィナーレに、ふさわしい夜となりまいした。

munchen_phil.jpg


ミュンヘンフィルは、夏の間はほとんどお休みになるそうで、
このコンサートは、今期の初日でもあり、華やかな雰囲気でした。
訪れる人々も、ドレスやスーツに身を包み着飾っていて、
コンサートの始まる前や、演奏の合間の休憩でのロビーは、
シャンパンやワインのグラスを手に、キラキラとしていました。

この日の1曲目は、チャイコフスキーの素晴らしい演奏で、
2曲目は、昨今大人気だというチェロ奏者 ソル・ガベッタのソロ演奏でした。
美しいガベッタが、全身で迫力の演奏をする姿は神がかってすら見え、
ただただ感動的としか言いようのない空気が、ホールを満たしていました。

ミュンヘンへ来ているのだから、ミュンヘンフィルハーモニーは秘聴!
と、チケットが手に入ったラッキーを嬉しく、出掛けたコンサートでした。
美しく奏でられる演奏を心を奪われながら、旅の無事と幸せに感謝して、
と、ここまでは良かったのですが、いつしか、こっくり、こっくり・・・
あろうことか後半は、旅の疲れに任せて居眠りをしておりました。

あぁ、もったいない・・・。

 |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。