FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

写真洗浄ボランティア

2011-07-16-Sat

 
東日本震災被災地で、水に浸かった写真や泥にまみれた写真、
その洗浄ボランティアに、今日は一日、小田原へと行って参りました。

photo_volunteer.jpg


富士フィルム小田原工場脇の体育館に集められた被災地の写真は、
結婚式のアルバム、子どもの誕生、成長の記録、旅行の思い出、
遺影として仏間にかけられていたであろうものなど、
どれもこれも、家のどこかにあったはずなのに、
泥にまみれ、海水に浸かり、時に異臭を放つ有様でした。

まずは写真をアルバムから剥し、水で泥や汚れを落としていきました。
最初に指先で丁寧に汚れを落とし、次にお習字の筆で細かい汚れを落とし、
その後、干して、乾くとアルバムに貼ってから被災地に届けます。
持ち主に届くように、作業をしながら得た情報をメモに残します。
例えば玄関先の家族写真だったら表札の名前を書いたり、
「ベビーカーの子供」「ディズニーランド」「○○小学校卒業式」など、
できるだけ多くの情報をメモに残して、アルバムに貼っておきます。

既に時間が経過していることもあり、写真の傷みも進行し、
プリントが溶け出していたり、洗浄で流れてしまうものもありました。
この痛々しい写真を見ながら、どうかこの方々がご無事であって、
写真を受け取ることができますようにと、心から願い作業をいたしました。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事