FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

暑い国の事情

2011-07-15-Fri

 
奥様が日本人で、ご主人がバングラディッシュ人のご夫婦の、
ご自宅の設計に携わらせていただいたことがありました。
毎日「暑い、暑い」と、言いいながら、ふとそのときのことを思い出しました。

hot.jpg


外国のあちらこちらへ行かれている経験をお持ちのご主人は、
打合せの度に、各国の話を面白おかしくしてくださる方で、
当時は、それがお会いする楽しみの一つにもなっていました。
夏の時期だったと思いますが、こんな話をしてくださいました。

  暑い国が貧しいのは、暑くちゃ働く気になれないからだよ。

  もうね、赤道付近じゃ暑くて生きているだけで精一杯なんだから。

  木には放っておいても勝手に実が生るから食べ物はあるしね。

  だからバングラディッシュでは、みんな働かないから、

  ちょっと頑張った人は、すぐに裕福になれるんだよ。

  だけど暑いから、そのちょっとが頑張れないんだよ、ムリなの。

日差しの厳しい日中、外出などしていると、この話が頻りと思い出され
こう暑いと、なんだかそれも理解できるような気がしてまいりました。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事