FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

世界のホテル宿泊客評価

2011-06-01-Wed

 
世界各国のホテル経営者や従業員への、ここ数年続く調査では、
宿泊客として、総合評価が最も評判が高かったのは、日本人だそうです。
2位以下は、イギリス人、カナダ人、ドイツ人とつづいていました。

hotel.jpg


調査項目には、礼儀正しさ、清潔さ、静かさ、苦情の少なさなど、
どれも日本人が1番になっていて、誇らしい気分になります。
他に、チップの多さ、その国の言語を話そうとしているかなどがあり、
これらの評価は少々低くなっていて、これは素直に納得てしまいました。
習慣として無いチップなど、感覚的に馴染みにくいのは確かですからね。

以前、海外で宿泊したホテルで、客室階の廊下を歩いていたら、
ドアが開いている部屋があったので、好奇心のままに視線を向けると、
ベットカバーやタオルが、床に思いっきり散らばっていました。
清掃中かと思いきや、奥には衣類がはみ出しているスーツケースが見え、
おまけに、西欧人らしきこの部屋の男性宿泊客と目が合ってしまいました。
かなりバツの悪い思いをしたことを、宿泊客評価を見て思い出しました。

ちなみに、気になる最下位は、フランス人なのだそうです。
外国語への順応性や寛大さ、礼儀正しさなど、どれも評価が低いそうです。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事