画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断捨離

2011-05-30-Mon

 
遅ればせながらではありますが、昨年から話題になっている
断捨離」やましたひでこ著、を読ませていただきました。

danshari.jpg


この本を読んで、読み終わらないうちから片づけはじめてしまったとか、
ゴミ袋で何袋も捨てたかと、ブックオフへ大量の本を持って行ったとか、
周囲では、とにかく片付けずにはいられない心境になるとの評判でした。
「断捨離しなきゃ」と、いろいろな場面で耳にする言葉になっていますね。

読んでいて、共感することが多くありました。
モノに対する考え方や、捨てられないことの心理など、そうそう!と。
本当に必要でモノを買うというより、感情的に買っていること、ありますね。
それから買ったとき高かったからとか、もったいないからと手放せないことも。

「不機嫌は人類最大の敵」と、ゲーテの言葉が書いてありましたが、
わたしにも、心に留めているゲーテの言葉があります。
「自分自身が管理できる以上のモノを持つことは、不幸である」
と、実は正確な言い回しは覚えていないのですが、
折々に思い出しては、物欲の抑制をしたり、反省をしたりしております。
スポンサーサイト

ファーストクラスに乗る人

2011-05-26-Thu

 
飛行機の同じ機体の中であっても、カーテンの向こうにある別世界、
雲の上を飛びながらも、さらに雲の上なのがファーストクラスです。



ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」美月あきこ著
友人が「おもしろい本だったから」と、貸してくれました。
著者は、元国際線キャビンアテンダントで、
現在は、人材育成コンサルタントをされているそうです。

100万円単位の料金のファーストクラスに乗る方は、
いわゆる「成功者」と呼ばれる方々ですが、
その中でも創業社長に、見習うべき共通点があるそうです。
メモをこまめに取る、健康管理に気を配っている、姿勢が良い、
朝の時間を大切にする、話し相手の立場で気を配って会話をする、etc・・・

言われてみれば当たり前なことですが、なかなかできていないものです。
こういったことをコツコツと、こまめに続けることが、成功者への道なのか、
成功者だからそれができるのか、そこのところは定かでありませんが、
どちらにしても、人として良く生きるために見習いたいと思います。

バリ島へは行かなくても・・・

2011-05-23-Mon

 
インドネシアかどこかの南国と見まがうほどに写真に写る風景は
鹿児島にある我が実家の庭先・・・日本でございます。

hijiki.jpg


左右に渡された竹竿に、黒く垂れ下がるものは、ヒジキです。
母は友人に誘われ、生れて初めて海へヒジキを採りに行ったそうで、
「乾燥したら送るからね」と、とりあえず写真が届きました。
わたしはヒジキの写真にも、「おぉぉー」と唸りましたが、
その背景を見て、「わっ、日本じゃないみたい」と思いました。

ある年の暮れ、母は友人が新年を家族とバリ島で迎えると聞いて

  「いいわね~。バリ島っていうところへ行ってみたいわ~」

と、まだ見ぬバリ島に思いを馳せていたので、わたしは教えてあげました。

  「生い茂る草木と畑や田んぼに囲まれて、ここと変わらないよ」

  「あら、そうなの。じゃあ、いいわ・・・バリ島は行かなくても」

・・・と、それ以来、母からバリ旅行の話は出ないのですが、
この写真を見て、「やっぱり行く必要ないね」と、つくづく思うのでした。

写真の練習

2011-05-21-Sat

  
昨日は友人の主宰するプラン・マ・フォトの写真教室へ行って参りました。
プライベートレッスンをお願いしたので、
好きな写真が載っている写真集を数冊持参して、
「こんな写真が撮りたいけど、どうすれば撮れるのかしら?」
と、自分の技量など省みずに、好き勝手を言わせていただいていました。

practice.jpg
 

「こんな風に撮りたいけど、どうやったら撮れるのだろう?」
といった疑問にも、プライベートレッスンでは丁寧に答えてくれます。
必要な機材や、その機材の選び方まで、教えてくれるから助かります。
そう、そのヒトの技量に合わせて、ちゃんと、ね。

わたしの仕事では、完成物件の写真を撮らせていただいているのですが、
今日の写真のように、人を入れながらも、その人が誰かは判らないように、
建物やインテリアを主役にしながら、動きのある写真を撮りたかったのです。

人が歩いているのをぼかすには、シャッタースピードを1/15程度を基準に、
明るさの加減に合わせて絞りを調整すると、だいたい上手くいくようです。
でもですね、ちょっと心配なのですが、シャッタースピードを決めてから、
絞りやホワイトバランスやISO感度・・・えーと、えーっと???
なんてやっていると、シャッターチャンスを逃しそう・・・なんです。

スウェーデンの推理小説

2011-05-20-Fri

 
初夏、ヘルシンキの夕暮れ、歩道に乗り上げるように停まる車、
沈みかけた太陽が長い影をつくり、それは穏やかな旅先の風景でした。
わたしは首にぶら下げたデジタルカメラで「カシャ」と、一枚。

Wallander.jpg


いつか、その写真をポストカードにして、送付状の代わりに荷物と送ると、
「ヴァランダーの世界みたいですね」と、言ってくださった方がありました。
ヴァランダーは、スウェーデン南部の町イースタ警察署の警部で、
ストックホルム生まれのヘニング・マンケルによる推理小説の主役です。

・・・と、実は最近になって、ヴァランダーのシリーズを読みました。
読んでいて、推理小説に登場する刑事は、どの国でも忙しいものだ、
と、思うものの、全体を流れる空気感には、どっぷりと北欧を感じます。 
初夏に起こった凶悪事件にあたりながら、しきりに夏休みの予定を気にし、
離婚率の高いスウェーデンらしく、離婚や再婚の話が日常会話で、
湖畔に停めた趣味のボートを眺めてから出勤する刑事がいたりする、と。

寝不足になってしまうほど、「目くらましの道」は一気に読み終えました。
そして、わたしの撮った写真は、確かに「ヴァランダーの世界」みたいでした。

 |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。