画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

2011-01-31-Mon

 
昨年9月出版、「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」村上春樹著
新作が出る度に本を買うほど、そこまでのファンではありませんが、
物語の中の独特の世界観が好きで、彼の著書は、ときどき読んでいます。

dream.jpg


「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」は、インタビュー嫌いと言われ、
自らも公言している彼の数少ないであろうインタビューをまとめたもです。
多くは海外でのインタビューがですが、1997~2009年頃のもので、
「ノルウェイの森」「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」
「海辺のカフカ」「アンダーグラウンド」「スプートニックの恋人」
などについて、質問に答え、思いのようなことが語られています。

あの本を書いているときには、こんなことを考えていたのかとか、
あの部分は迷った結果でああ書いたのかとか、
実は、書きながら物語も生まれてきていて、直観的な作業であるとか、
そんな村上春樹氏の内面的な部分を垣間見れる一冊でした。
そして、既に読んだ彼の本を、読み返したくなるもなりました。

村上春樹氏は、とても規則正しい生活を送っているようです。
朝は、5時ごろに目覚めて、毎日走ったり、泳いだりすそうで、
良いモノを書きつづけるには、体力維持が必要なことなのだそうです。
それって、すごくわかる気がするし、そこに彼の人柄を感じる気がします。
スポンサーサイト

Amazonに誘惑されて

2011-01-30-Sun

 
みな様お馴染のアマゾンですが、最近では本だけでなく、
いろいろなモノの購入に、活用させていただいています。
ノート、コピー用紙、インクカートリッジ、マジック、etc・・・

必要なモノを検索しているうちに、だんだんと、横道にそれるんですね。
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に誘われ
「カスタマーレビュー」で、口説き落とされ、ポチっと。
これがアマゾンの戦略だとは分かっているけれど、罠にはまります。

ginger_spoon.jpg


そして届いたのがコレです。
「おろしスプーン」という、とっても便利そうなモノです。
冬のジンジャーティーに、このスプーンで生姜をすり下ろせば、
カップの中に、そのままチャポンと入れて、かきまわせます。
すり金に繊維を残こさないから、微妙に生姜を無駄にすることもなく、
別途スプーンを使うこともないので、後片付けも楽ちん、と、ね。

早速「おろしスプーン」を使って、ジンジャーティーを入れました。
お料理に、生姜やニンニクをすり下ろすにも良さそうです。

一年が過ぎて

2011-01-28-Fri

 
ブログをはじめて、気がつけば一年が過ぎました。
毎日、更新していたわけではありませんが、
それでも一年という区切りには、それなりの達成感があります。

flower_vase.jpg


こうやって、ブログをつづけてこれたのも、
ご覧いただいているみな様のお陰と、感謝しております。
クライアントの方とは、ブログに掲載したことで話がはずみ、
友人からは「ブログ見てるよ」と声を掛けられ、
時には、ブログの内容についてメールをいただいたりと、
これらすべてが、ブログをつづけてこれたことの励みとなっています。

そしてブログだけでなく、日々、いろいろな方にお世話になっています。
仕事においても、プライベートにおいても、みな様に、
いつも、励まされ、勇気やアドバイスをいただき、支えられているんです。
今日はそんなことを、あらためて思っておりました。

つづけることは大変ですけど、大事なことだと考えています。
これからもぼちぼちではありますが、ブログ、つづけていきたいと思います。

日暮れの時間

2011-01-26-Wed

 
冬至からほぼ1ヶ月が過ぎて、夕方の5時が少し明るくなっていました。
確実に、もっと暗かったですからね、夕方の5時が。
ちょっとづつ春に近づいていることを実感できて、嬉しいです。

sunset.jpg


北欧では、場所にもよりますが、例えばヘルシンキでは、
この時期の日の出は9時ごろ、日の入りは4時ごろになるそうです。
朝まだ暗いうちから、会社や学校へ着き、
始業してしばらくすると、ようやく外は明るくなるんですね。

で、冬になると彼らは圧倒的に睡眠時間が増えるのだそうです。
クリスマスやら、新年やら、お祝い事が賑やかにあるのは別として、
「なんかもう、やたら冬になると寝ているんだ」と、
フィンランド人が言っていたのを聞いたことがありました。

人間は、太陽の光で目覚めるようにできているらしいから、
太陽が顔を出している時間が短ければ、
起きている時間が短くなるのは、当然なのかもしれません。
それに冬は誰だって、ぬくぬくと、いつまで布団の中に居たいですからね。
寒い国であればなおさらのこと、お気持ちは、お察しいたします。

紅茶

2011-01-25-Tue

 
紅茶はミルクティーにするのが好きです。
以前はアールグレイのミルクティーにハマっていましたが、
最近は、PGティップスのミルクティーを飲むことが多くなりました。
どちらにしても、かなり濃いめの紅茶を入れて、
冷蔵庫から取り出した牛乳を、そのまま注ぎ入れます。
その方が、わたしには温度加減がちょうどいいんです。

pg.jpg


PGティップス、イギリスの庶民的な紅茶らしいです。
特徴的なピラミッド型のティーバックは、28種類の茶葉がブレンドされ、
茶葉を浮遊させやすいので、より美味しいお茶が出せるのだそうです。
短時間で濃いめのお茶が出るのでお手軽で、ミルクティーに良く合い、
わたしも大きなマグカップで、イギリス庶民のようにいただいています。

イギリスでのお茶のといったら、ポットにお湯を注いで
ティーカップ&ソーサーで、優雅にいただくイメージがあります。
でも一般的に、普段の生活の中では、ティーバックをマグカップに入れ、
やかんのお湯を注ぎ入れて、と、お手軽にやっているようです。

自宅には、数種類の紅茶を常備していますが、
そんな中でもPGティップスは、定番となっています。
スーパーでは、成城石井でしか売っていないようで、
なくなれば、PGティップスのコーナーを目がけて、出掛けています。

 |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。