FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

国産材を使おう!

2010-12-21-Tue

 
近ごろ「建築に国産材の木を使いましょう」という話を聞くことがあります。
実は、今、スギやヒノキといった建築木材が、
日本の山林には、余ってしまっているのだそうです。

lumber_a.jpg


なんでこんなことになっているかというと、
輸入製材がシェアを広げ、しかも国産材より安いのが現状なのだそうです。
山に生える木は安いのだけれど、そこから先のコストがかかってしまうので
建築製材となったときには、輸入製材より高くなってしまっているのです。

日本の山は起伏が激しく、山道が整備されていないので、
重機が現場まで入れられないから、人手に頼らざるを得ないことや、
製材発注から、現場納入までの期間が短縮されてしまったため、
建築木材として使えるよう乾燥させる工程を、自然乾燥ではなく、
機械による人工乾燥をしているためのコストが、嵩んでいます。

そんなわけで、国産材の生産に関わる方々は、
なんとかせねばと、国産材が使われるよう対策を練っているのです。
そして、なんと山に余ってしまっている木を使えば、
日本の木造住宅の建築は、輸入に頼ることなくまかなえるのだそうです。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事