FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

頑張ってはくジーンズ

2010-12-05-Sun

 
休日に、買い物へ出かけ、久しぶりにジーンズショップへ行きました。
昔と比べると、ジーンズの値段は高くなっていて、
ちょっと良いなと思うと2万円近くしていたり、
あきらかに、物価推移とは関係ない値動きをしています。

jeans.jpg


それだけの値段がするのですから、
「足が細く見える」「お尻の形が良く見える」なんて、珍しくもありません。
あの手この手のジーンズが並ぶ中、体型を3つのパターンに分けて、
「お尻が小さくて、ウエストのくびれが乏しいスレンダーな人用」
「お尻が大きくて、いわゆる外人型のボリュームのある人用」
そして、その中間型というように、陳列されているジーンズがありました。

興味を持って見ていると、店員さんが「試してみませんか?」と。
その言葉に誘われ、「じゃぁ・・・」と、その気になってみたのでした。
体型チェックをしてもらい、このあたりのタイプだろうというのを渡され、
「ギュッと、押し込んでくださいね」と、言われながら試着室へ入りました。
ギュッと何を押し込むかというと、体につくお肉たちです。
ジーンズに、お肉を押し込んで、ボディラインをデザインするらしいのです。
ともかく、お肉をギュッと押し込んではくとは、凄まじい作業でした。

「ちょっと、わたしにはムリなようですー。
なんか、お尻も、太ももも、つぶれて原形をとどめていないんですけど」

「そうですかー?でも、頑張ってはいてください。
みなさん頑張ってはくんですよ。体のラインが美しく見えますから」

と、気のいい店員さんは、ひるむ様子もなく、尚もすすめてくださるのでした。

家の設計とかが職業だし、何であれデザインには、こだわりたいけど、
お肉を押し込んではく、ボディデザインなジーンズには、頑張れません。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事