FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

恐竜の胃の中の石

2010-12-10-Fri

 
21_21 DESIGN SIGHTでは、「REALITY LAB―再生・再創造」が開催中です。
21_21 DESIGN SIGHTのパートナーでありディレクターでもある、
三宅一生氏が「社会が抱える問題を、デザインはどう解決できるのか」
と、リサーチを進める中で「創造の可能性」を考えていくものでした。

21_21_a.jpg


展示品の中に、「恐竜の胃の中にあった石」というのがありました。
ニワトリの卵より小さい程度の大きさで、
河原の石のように、周りが丸くなっているものです。

「恐竜がお腹が空いていて、慌ててご飯を食べたときに、
一緒に石も食べたちゃったんだね、きっと」
と、大きな図体をしているけど、そのそそっかしい様子を想像すると、
わたしには、あの恐竜が、今までになくお茶目に思えました。

でもそのとき、横で友人が、「ロマンティックだね」と、言うのです。
何万年も前に生きた恐竜のお腹の中にあった石が、ここにあることが、
友人には、ロマンティックを感じさせるのだそうです。
同じものを見ても、感じが方は違うものだなと、おもしろかったのですが、
わたしも、ロマンティックと感じる方の人でありたいように思いました。

その恐竜のお腹の石ですが、説明書きを見ると
草食系の恐竜は、消化を助けるために、あえて石を胃の中に飲み込み、
ゴリゴリ、ゴリゴリ、とやっていたのだそうです。

21_21 DESIGN SIGHT

2010-12-09-Thu

 
東京ミッドタウンの中にある、21_21 DESIGN SIGHTです。
「日常的なできごとやものごとに改めて目を向け、
デザインの視点からさまざまな発信、提案を行っていく場」
として誕生した、建築家 安藤忠雄氏による設計の建物です。

21_21.jpg


外観は、屋根の形状が特徴的なデザインです。
コンクリートとガラスの建物は、低く抑えられていますが、
内部は地下への階層を重ねています。
順路を誘導する矢印や、トイレの場所を表示するサインなど
繊細に、こだわって、デザインされているそうです。

若いデザイナーや建築家と見受けられる人たちが、カメラを構える姿は、
有名建築家の建築物を囲む風景として、わたしの心を捉えました。

珪藻土

2010-12-07-Tue

 
最近のお仕事で、珪藻土の資料など取り寄せておりまして、
今日は、その珪藻土のことを少しお話してみようと思います。

keisoudo.jpg


実はこの写真、我が家の壁です。
数年前に、珪藻土を自分で塗りました。
わたしが建築にかかわる仕事をしているからできたのではなく、
やろうと思えば案外と、どなたでもできると思います。
養生をしっかりして、コツさえつかめば大変なことではありません。
それなりに時間はかかるでしょうし、筋肉痛も覚悟してですけどね。

珪藻土のメーカーでは、「塗り体験教室」など開催していますので、
そういうものを利用するといいと思います。
以前にも、クライアントの方で、「家ができたら珪藻土を自分で塗る」
とおっしゃるので、塗り体験教室をご紹介したことがありました。
そして、我が家にご自身の手跡を残すことは、
愛着が育まれ、より一層の満足感を味わうことになったようでした。

頑張ってはくジーンズ

2010-12-05-Sun

 
休日に、買い物へ出かけ、久しぶりにジーンズショップへ行きました。
昔と比べると、ジーンズの値段は高くなっていて、
ちょっと良いなと思うと2万円近くしていたり、
あきらかに、物価推移とは関係ない値動きをしています。

jeans.jpg


それだけの値段がするのですから、
「足が細く見える」「お尻の形が良く見える」なんて、珍しくもありません。
あの手この手のジーンズが並ぶ中、体型を3つのパターンに分けて、
「お尻が小さくて、ウエストのくびれが乏しいスレンダーな人用」
「お尻が大きくて、いわゆる外人型のボリュームのある人用」
そして、その中間型というように、陳列されているジーンズがありました。

興味を持って見ていると、店員さんが「試してみませんか?」と。
その言葉に誘われ、「じゃぁ・・・」と、その気になってみたのでした。
体型チェックをしてもらい、このあたりのタイプだろうというのを渡され、
「ギュッと、押し込んでくださいね」と、言われながら試着室へ入りました。
ギュッと何を押し込むかというと、体につくお肉たちです。
ジーンズに、お肉を押し込んで、ボディラインをデザインするらしいのです。
ともかく、お肉をギュッと押し込んではくとは、凄まじい作業でした。

「ちょっと、わたしにはムリなようですー。
なんか、お尻も、太ももも、つぶれて原形をとどめていないんですけど」

「そうですかー?でも、頑張ってはいてください。
みなさん頑張ってはくんですよ。体のラインが美しく見えますから」

と、気のいい店員さんは、ひるむ様子もなく、尚もすすめてくださるのでした。

家の設計とかが職業だし、何であれデザインには、こだわりたいけど、
お肉を押し込んではく、ボディデザインなジーンズには、頑張れません。

モレスキンにペンホルダー

2010-12-04-Sat

 
先日、ラミーの4色ボールペンを失くし、買い直したのですが、
その反省を基に、モレスキンのノートにペンホルダーを付けました。

penholder_a.jpg


文具屋さんへ行くと、おもしろいものがいろいろ売られていて
飽きることなく手にとっては眺め、楽しんでいることがあります。
それで目に留まったのが、コレ、このペンホルダーです。

実は、トラベラーズノート用のペンホルダーなんですけど、
スチールのクリップと、本革のホルダーでできています。
いい具合に、ハマっているではありませんか!と、満足しています。

でも難点を言えば、革のトラベラーズノートにクリップするのが本来なので
モレスキンのノートには、若干、留まりがゆるく、
ペンを差したり抜いたりするのに力を入れると、外れてしまいます。
それで、クリップの裏側は両面テープで、ノートにしっかり留めました。

□ 関連記事 □□
モレスキンのカレンダー  2010-11-13-Sat
モレスキンのカスタマイズ  2010-11-12-Fri
MOLESKINE  2010-10-11-Mon
来年の手帳  2010-10-05-Tue

« PREV   |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事