FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

東京のどこに住むのが幸せか

2010-10-13-Wed

 
東京のどこに住むのが幸せか」山崎隆著
この本は、平たくいうと、マンションの資産価値としては、
どこに住むのがいいのか、ということが書かれています。
ズバリと言い放つ内容には、当然、批判をかうことは想像されますが、
それだけに、著者の本音が、記されているのではないでしょうか。

dokonisumu.jpg


資産価値を念頭に置くと、街の価値に注目すべきだというのです。
街の価値を判断するには、その街の歴史を知る必要があるそうです。
少なくとも100年にわたり活気が続いている街のマンションであれば
古くても、性能が多少悪くても、資産価値は維持できるものだというのです。
そして、急成長している街を選ぶと、衰退する街を選んだことになる、と。

読みながら、はたして自分の住む街はどうなのかと、ドキドキします。
その見分け方や、物件の適正価格の計算方法などが記されているので、
マンションの購入を考えている方には、参考になるのではないでしょうか。
ただ、住宅の購入にあたっては、資産価値がすべてではないでしょうし
それぞれの、生活環境や諸条件に、負うものがあるのも然りです。

実は、著者ご本人と、この本のテーマで、お会いする機会があったので、
本は、それが理由で読ませていただきました。
お会いすると、予想通り面白い方で、思わず話しに引き込まれてしまいます。
興味深いとか、魅力的だとか、そういう意味で「面白い」なのですが、
本よりさらにズバリとお話しをされ、本には書ききれなかったことや、
その真意、本音など、正に面白いお話を伺うことができました。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事