FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

2010-10-07-Thu

 
窓は、家の中と外をつなぐ額縁のようなものです。
太陽の光を家の中に取り入れ、風を取り入れ、外の気配を感じます。
その一方、外側からは中の気配を感じ、街並みにも影響しているのです。
だから、窓の外に対する意識を持つことも、忘れたくないと思います。

window.jpg


ヨーロッパで目にする家の窓辺は、外へ向けて置物があったり
ランプが吊下がっていたり、季節の花のプランターで掛けられていたり、
とにかく見せることに意識が注がれているのを感じます。
まるで街並みに対しての礼儀や作法とでもいわんばかりの光景です。

特にカーテンは、外からの見栄えを意識しておきたいところです。
同じ家なのに、1階と2階の窓や隣に並ぶ窓に、なんの意識も持たず
色や素材もちぐはぐでバラバラだったとしたら、もったいないことです。
窓から見えるものは、その家の外観の一部になりますからね。

窓に対して意識を向けて、外からの見え方を工夫すれば
幸せそうな雰囲気や洗練された雰囲気を街並みに放つことがでます。
通りすがりの人や来客だけでなく、家の人が帰って来た時でも
窓から感じる印象が良ければ、それだけで、ちょっと幸せな気分になれます。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事