FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

朝食模様

2010-10-02-Sat

 
この夏、北欧のホテルでビュッフェ式の朝食をとりながら
他国の方々が、なにをどう食べるのか、なんてことに興味をひかれました。



ダイニングルームには、ビジネスマン、家族連れ、老夫婦、若いカップル、
国籍も北欧や他のヨーロッパからと思われる人々など、様々でした。
概して、大柄で、太めな方が多いのですが、その食べっぷりもいいのです。

多くの人は、好きなものを好きなだけ、食べているように見受けられます。
お皿には、ソーセージとハムばかりが盛られていたり、
パンとジャムばかりとか、パンとハムとチーズばかりとか、
ひたすらフルーツとナッツとヨーグルトだけ、なんて具合です。
家族連れの子供が、そんなお皿を持ってテ-ブルについたとしても
お母さんは「野菜もちゃんと食べるのよ」なんてことは言わないようです。

これは個人の意思を尊重するとか、自分の意思をはっきり持つとか、
そういうことが重視される文化的な背景の現れなのでしょうか?
だから子供の意思を尊重して、食べるものに口出しをしないし
自分の意思をはっきりさせて、食べたいものを食べるし、
健康に気を使いたい人はそうするし、気を使わないというのも、また主義。

食事も文化行為のひとつだから、奥が深いものだろうかと思いながらも、
その実、誰もなにも考えていないだけ、ということかもしれないし・・・
想像ばかりが膨らみましたが、気になる異国人の朝食模様であります。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事