FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

ホテルのランドリー・バック

2010-08-14-Sat

 
ホテルに宿泊する際、部屋へ入ると、アメニティグッズをチェックしたり、
冷蔵庫の中身を確認したり、開けられる扉は一通り開いてみます。
なんとなく儀式のようなもので、これをしないと落ち着かないのです。

closet.jpg


そして、クローゼットの扉を開くと、必ず中にあるのがランドリー・バック、
ホテルのマークがプリントされたビニール袋に、布紐が通されたアレです。
この袋は洗濯ものを入れ、ホテルのクリーニングに、お願いするものですが、
私は、着替えた物を持ち帰るのに、使わせていただいたりしております。

でも、そのビニール袋を見るたびに、ずーっと疑問に思っていたことがあり、
ホテルマンをしている友人に、あるとき聞いてみました。

「ホテルでのクリーニングって、どこまでお願いしていいの?」

「どこまででも、どうぞ」

「靴下とかも、洗ってくれるの?」

「もちろん!」

「えっ、パンツも?」

「もちろん!」

「まさか、女性用のも、あったりする?」

「うん、あったりする」

「うっそー!お願いする女の人いるの?」

「うん、いた。ちゃんとアイロン掛けして、お返ししたよ」

「・・・・・」

長年の疑問は解けたものの、ある意味、かなりのカルチャーショックでした。
知らない誰かが、知らない誰かのモノを、シュー、シュー、と蒸気をたて
丁寧にアイロン掛けをする姿を想像すれば、それはかなり奇妙な光景です。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事