FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

温泉とタトゥー

2010-07-01-Thu

 
今日も鹿児島からです。
そして今日は、女3人、地元の温泉へ行きました。
スペインから一時帰国している親友と、
フィンランドから来た親友の友達の3人です。
スパやサウナが、生活文化としてあるフィンランド人の彼女は
日本の温泉も大好きで、観光よりも温泉に入りたがります。

どこまでも海が見渡せる眺めのいい露天の岩風呂があり
地元では、ちょっとした穴場になっている温泉へ行きました。
彼女は、この温泉に、いたく感動した様子で、
「この光景は一生忘れないわ!
女だけの温泉、ナチュラルな岩風呂、海の見える最高の景色!
フィンランドでは、絶対に経験できないわ!」と、はしゃぎます。

フィンランドのスパは、水着を着て、男女一緒に入るそうです。
そして、彼女のお母さんの故郷であるドイツでは、
水着も着ないで、男女一緒に入るので、
あからさまに、女性をじろじろと見る男性もいるそうです。
だから、女性同士で水着も着ないで入る日本の温泉は、
とてもリラックスできると、嬉しそうに話してくれました。

tattoo_b.jpg


そんな彼女の肩には、花のタトゥーがあります。
欧米では、まったくのファッション感覚で
いわゆるイケてる子は、タトゥーを入れていたりします。

彼女は、鹿児島へ来る前に、大阪や京都を旅していて、
タンクトップ姿で、朝の地下鉄に乗ったら
ビジネスマンに、やたらとじろじろ見られたそうです。
「ん、スパじゃないし、服も着ているのに、なぜ私を見るの?
と思ったら、肩のタトゥーを見られていたのよ。アハハ…!」
と、田舎の温泉で、おばちゃんたちの視線をタトゥーに集めながら
日本人のタトゥーに対する認識をおもしろがって話ていました。
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事