FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

北欧の照明

2010-05-18-Tue

 
北欧を代表する照明器具を選ぶとすると、間違いなく、その一つに
ポール・ヘニングセンによるデザインの
「PH5」が、あげられるのではないでしょうか。

PH(ピーエイチ)とは、彼のイニシャルからこう呼ばれ
シリーズとなって、いくつかのタイプがあります。

PH-5.jpg


「PH5」は、1958年にデザインされてから今日まで
半世紀以上にもおよぶ長い年月を
ルイスポールセン社で、製造されつづけている照明です。

電球の眩しさを取り除くため、
外側からは電球が見えないように、デザインされています。
また、シェードの曲線を計算し、発せられた光をシェードに反射させ
光をコントロールして、物の見え方のクオリティを向上させています。

へニングセンは、明りの機能と美しさを大切にし
その思いを、次のような言葉にしています。
「PHランプは住宅用の照明であると考えています。
住宅と、そこに住む人々を美しく彩り、
安らぎとくつろぎの夕べをつくることを、めざしているのです。」
スポンサーサイト



 |  HOME  | 

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事