画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のある家

2010-05-31-Mon

 
ご自宅での、音楽の聴き方は、二通りあるように思います。
オーディオの前にじっくりと、腰を据え、
その録音のキレイさまでも楽しむような聴き方と
もう一つは、バックミュージックのように、
空間に、音楽を漂わせているような聴き方です。

わたしとしては、断然後者で、
それも、オーディオのあるその部屋で聴くよりも
隣の部屋で聴くくらいの距離感があるのが、好みです。

music.jpg


昨年、完成して、お引き渡しをしたお宅に、
その後、お邪魔させていただいたことがありました。
1階のダイニングのテーブルで、紅茶をいただいていると、
2階のオーディオルームから、クラシックの音楽が
階段や吹き抜けを通して、柔らかく、流れ降りてくるのです。
あぁ、これこれ…
音が空気に馴染んで、漂っている感じなのです。
こんな風に、暮らしていただいていることが、嬉しかったです。

照明の明かりが灯って、部屋の印象が変わるように
音楽だって、その部屋の印象を変えます。
音楽をつくる方にとっては、不本意かと思うのですが
建築に携わる者としての立場で、お話しさせていただくと、
部屋に漂う音楽は、インテリアでもあると、常日頃、思っています。

だから、そのことを、ちゃんとご存知でいらして
家での、時間とか、空気とかまで、大切にされ
こうやって暮らしてくださるのは、わたしの本望です。
スポンサーサイト

蕎麦屋

2010-05-30-Sun

 
今年は、年明けから蕎麦屋に、ハマっています。
お昼だったら、天ぷらそばをいただいたり
夜だと、だし巻玉子や、そばがきなんぞと、
少しだけ、お酒をいただくのも、いいですね。

そんなわけで、蕎麦屋、蕎麦屋、と話をするものだから
どなたかと、食事をする機会があったとすると
「蕎麦屋だったら、ここだけど…」
と、その日のお店の候補に、蕎麦屋を入れていただいて
大変、お気遣いくださる方まで、いらっしゃるようになりました。

…恐縮です。

soba_b.jpg



ここは由比ヶ浜の「松原庵」です。
そして「蕎麦屋だったら…」と、候補にあがったお店です。
だから、もちろん、蕎麦もお店も、とっても良かったですよ。

住宅街にあって、古いお屋敷を改装したモダンな店構え、
屋外には、日よけのあるテラス席もありました。
今頃の季節だと、テラス席も、気持ちがいいかと思います。
ご近所の方らしき、車でブーンと駐車場に横付けされて
そのままテラスの方へ席を求める姿が、それらしい風景でした。

こうやって、蕎麦屋のことを書かせていただいたので
「蕎麦屋だったら、ここだけど…」と言ってくださる方が
また増えるのではないかと、ちょっぴり期待もしつつ…。

キース・ジャレット

2010-05-29-Sat

 
設計のお打合せをしていて、クライアントのご主人から
「音楽は、なにを聴くの?」と、
ジャンルやアーチストについて、ご質問をいただくことがあります。
ジャズに詳しいわけじゃないのですが、と、きちんと前置きをして
キース・ジャレットが好きだということを、告白するんです。
そう、告白という感じなのです。

キース・ジャレットが好きだと、お話すると、
いかにも、通っぽいイメージで、思われがちですが、
わたしとしては、それは、あまり、よろしくないのです。
お好きな方は、そこから、ジャズの深い話になっていかれ
それはもう、わたしには、完全に、お手上げ状態で、
お話についていけないことが、申し訳なくなってしまいます。

ただ、とんでもなく美しい、彼のピアノが好きなだけ、ですから。

Keith_Jarrett.jpg


キース・ジャレットのアルバム「ジャスミン」が、発売されました。
スローなジャズバラードで、たっぷり甘いメロディーです。
ライナーノーツでキースは、「愛する人と深夜に…」と

Call your wife or husband or lover
in late at night and sit down and listen.

とりあえず、この週末の夜に、聴いています。

ルーシー・リー展

2010-05-28-Fri

 
今朝は、お天気も良くて、
〆切のあった仕事も早めに終わり、急ぎの用件もないし、
雨つづきで履けなかった、真新しい白のスニーカーも履きたかった
と、これだけ、いい訳がそろったので、事務所を抜け出しました。

「よかったよ」と、教えてもらっていた、ルーシー・リー展へ、と。

…そして、よかったですよ。

lucie_rie.jpg


陶芸作品と一緒に、彼女が制作活動をした工房とか
暮らしていたアパートメントの、玄関や居間や寝室など
映像や、数々の写真も、見られるようになっていました。

わたしは、そういうものを、結構、熱心に見てしまいます。
特に、暮らしの空間において、作品と共通するルールや哲学が、
一貫した気配となって、漂っているように思えるんです。
当然といえば、当然なんですけど、
「あぁ、やっぱり」なんて、それを確認したいんですね。

そして、映像の中で、柔らかく、好奇心に満ちて
「窯を開ける時はいつも驚きの連続」と、話すルーシーが
その内面の強さみたいなものは、あまり見せずにいて、
確かに、ここに暮らしていたんだって、想像することができます。

助六さんのお話より

2010-05-27-Thu

 
浅草仲見世の助六さんから、
日本文化のありがたいお話を、伺う機会がありました。
助六さんは、職人の手作りによる、江戸の文化玩具の老舗です。
そのファンも多く、最近では、ネット販売もしています。

そして、それぞれの玩具には
それぞれの意味が、込められているのだそうです。

例えば、ふくろうは「不苦労」と当て字して、苦労知らず。
河童は人を引き込む力があるから、商売繁盛。

anuki.jpg


中でも印象に残ったお話が、
店の前に置かれたタヌキが、意味するコトでした。

昔ながらの飲食店や居酒屋などで
たまに、こんなタヌキくんを見かけることがありますね。
こうやって、店番をしているかのようなタヌキくんですが
御前には、堂々と、男の子のシンボルが、ついています。
これには「お金が先」と、やはり商売繁盛の意味があるそうです。
つまり「前金でお願いしますよ!」って、ことなんですね。

 |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。