画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神さまは「ありがとう」がお好き

2010-03-30-Tue

 
知人にすすめられて読んだ本です。

自分で選んで本を読んでいると、どうしても偏った読書になります。
だから「これ良かったよ」なんて、何かの本をすすめられると
帰り道の本屋さんで、その本を買ったり
帰宅してネットで購入したりすることがあります。

これは、そんな一冊です。

seikan.jpg


神さまは「ありがとう」がお好きだそうです。
「ありがとう」を言い続けると奇蹟が起きるそうです。

「ありがとう」の源の言葉は「ありがたし」
人の力では「有り得ないこと」が起きたというので「ありがたし」
と、もともとは神さまに対してのみ使われていたそうです。
ですから、「ありがとう」は神さまをほめたたえる言葉で
それを言われ続けたら、神さまも
その人に対して好意的になるのだそうです。
(なんだか親近感のもてる神さまです。)

ちなみに、神さまは「掃除」と「笑い」も、お好きだそうです。
スポンサーサイト

魚焼きグリル

2010-03-28-Sun

 
システムキッチンのコンロには、
ほぼ、魚焼きグリルが付属しています。
キッチンの打合せの際に「魚焼きグリルは要らないわ」
と、おっしゃる方が、時々いらっしゃいます。
それではと、魚焼きグリルが付いていないコンロを探すのですが、
商品としては本当に少なくて、選択が限られてしまいます。

かくいう私も、魚焼きグリルは要らない派です。
理由は「後片付けが大変だから」です。
調理後に、グリルを引き出してガチャガチャと洗い
網にこびりついた魚の皮を丁寧に取り除き…と、魚を焼く度にです。
面倒になって、後片付けを一度でもサボったら、
それもまた大変です。

だから、家では焼き魚は食べません!と宣言し、
食べたくなったら外食するか、焼いた魚を買って来ていました。

スーパーに並ぶ脂ののった旬のサンマやアジも
特売だったとしても、その前は素通りです。

…今、考えると、それはもったいないことでした。

数年前、家の設計をさせていただいたクライアントの奥様が
やはり魚焼きグリルは不要だとおっしゃられたので
「あっ!家では魚を焼かないんですね。私もです。」
仲間意識を前面に、満面の笑みでお話しすると
「ん、ちゃんと魚は焼いて食べていますよ」と…???

なんと!あの面倒な後片付けをしなくてもいい方法があったのです。

その方法とは、
テフロン加工のフライパンにクッキングシートを敷き
熱して、お好みの魚を並べ、
上からアルミホイルをかぶせて焼きます。
たった、たった、これだけなんですよ。
しっかり焼き目もついて、ちゃんと美味しくできるのです。

後片付けは、アルミホイルとクッキングシートを丸めてポイッ!です。

心の満足

2010-03-27-Sat

 
ビジネスモデルについてのお話を聞く機会がありました。

「情報社会」という言葉を耳にするようになって久しくなりますが、
今は「精神社会」へと移りつつあるそうです。
豊かさの尺度が、「物質満足」から「心の満足」へと…
人々は心の満足を求め、絆や感性、愛を大切にします。

だからモノを求める際には
個性を求めるとか、人と同じとか違うとかではなく
自分が欲しいものは何かを追求した結果として
個性的であるということなのです。

例えば、
洋服や旅行や食べることにも、興味はないから拘らないけど
天体に興味があり、○○メーカーの○○天体望遠鏡が欲しくて
そのためには、時間もお金も集中的に費やすのです。

花3


住まいづくりをしていても
本当に多様なライフスタイルに直面します。
大切にされているモノも、みなさんそれぞれ違います。
その大切な思いをつくる側も大切にして
心の満足を求めたお仕事を、これからもさせていたどこうと
さらに心に深く思いました。

片付かない!

2010-03-26-Fri


「家が片付かないの」というお話をよく伺います。
原因は収納量に対して、モノが多かったり
使ったモノをあったところに戻すことが習慣化されていなかったり
捨てることができなかったり、理由はそれぞれあるようです。

モノがあふれると掃除をするのも億劫になります。
掃除機をかける際には、
いちいちそのモノを移動させなければならなくて
モノの数が多ければ、その回数も増えてしまいます。

モノの管理には手間もとられます。
沢山洋服があれば、クリーニングに出して
費用も時間も奪われてしまいます。

もう使わないのに捨てることができない…
高かったからとか、思い出のモノだからとか、ですね。
捨てることは時に勇気が必要ですが、
その潔さが気持よかったりします。
「あっ、捨てなければよかった」
と、あとで後悔することは少ないでものです。

家を建てる費用や、賃貸の家賃を坪単価で計算してみると
使わないモノのスペースのために支払っている金額は
決して安いものではありません。

本当に必要なモノを厳選して
シンプルに暮らすと、気持ちが軽やかになります。
片付いた部屋には、きっと天使が宿りますよ。

ソーシャルアパートメント

2010-03-25-Thu

 
シェアハウスのソーシャルアパートメントの見学です。
「ソーシャルアパートメント」というネーミングが好きです。

写真は共有のリビングで、奥にはビリヤード台もあります。
その脇にはダーツボードがあって、バーカウンターもあるんです。
なんともお洒落なのです。
apartment_f.jpg


この他にも、ヨガや卓球のできるフィットネススタジオや
英会話やセミナーが開催できるレクチャールーム、
防音のされてる音楽ルームなどがあり、
伺った際、音楽ルームでは、女性がエレキギターを弾いていました。
guitar_a.jpg


キッチン、バス・シャワー、トイレ、ランドリーは、一部の部屋を除いて
すべて共有スペースにあり、朝の身支度の際など「おはよう」の声を掛け合い
コミュニケーションをとれるようにとの意図もあるそうです。
水廻りがお洒落で清潔で、特に女性には嬉しいですね。
lavatory_a.jpg


個室は7.7畳の広さで、ベット、クローゼット、デスク、椅子、エアコン、
冷蔵庫が、それぞれ備え付けられています。
room_b.jpg


個性的で、話題性があり、コンセプトがしっかりした、
いままでの想像以上の住まい方の提案だと思います。
apartment_e.jpg


館内を案内して下さった社長には、いくつも質問をさせていただきましたが、
どれも的確なお答えをいただき勉強になりました。
また、人や社会、環境を考えなるお話にも共感させられました。

 |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。