FC2ブログ

画像が表示されない場合の代替テキスト

週末の温泉

2010-03-23-Tue

 
久しぶりの熱海でした。

以前にくらべて、熱海駅の前もにぎやかで、
活気にあふれていました。
商店街を歩くと、店先で網の上に並べられた魚…わぁ~干物だ!

もう何年も前、熱海からの電車の待ち時間に
ふらりと入った駅前の定食屋さん
そこで食べた定食の干物が美味しくて忘れられず
私には「熱海=干物」のイメージが定着しています。

熱海


宿泊は、古い大型ホテルです。
昔は立派なホテルだったであろう凝った造りで
既に古くなってしまった重厚なカーテンやカーペット
天井からは豪華な大きなシャンデリアが下がっていました。
夕暮れにディナーショーがおこなわれるホールは
壁一面のガラス越しに、海と岩を削った断崖が覆い
贅を尽くした頃の「跡」が残されています。

ペンキの塗り替えはいつのことだったのか
見るからに剥げてしまっているし
設備機器は古く、時代遅れの家具は寂しい、と。

でもこういうの、結構、好きなんです。
どうしてかと聞かれても、答えられないんですけど
たまらなく魅かれてしまうところがあるんです。

古いし手直しもあまりできていないけど
ちゃんと掃除がされていて、部屋に入ると畳のイグサが匂い
そして、従業員の素朴に丁寧な対応があるから成り立つ感覚です。

なんか、いいんですね。

コレクティブ・ハウジング

2010-03-20-Sat

 
コレクティブ・ハウジングを見学させていただきました。

ライフスタイルの多様化や家族単位の多様化に
暮らし方の提案として「新しい縁」なのだそうです。

ひとつ屋根の下に他人同士が暮らすけど
個室とコモンスペース(共有スペース)を使い分けながら
人との関わりを保つ暮らし方です。

kankan_dining.jpg


コモンスペースは、キッチン、リビング、ダイニング、テラスガーデン
アイロンや乾燥機もある洗濯室、などがあります。

コモンキッチンでは当番が全員の食事をつくることもあり
女性も男性も関係なく、みんなが参加するそうです。

個室はキッチン、バス、トイレが設置された
25~60㎡程度の広さで、単身者から家族までが
必要に応じて部屋を選べるようになっています。

以前はお子さんのいらっしゃる世帯もあったそうですが
今は単身者ばかりとのことでした。
それでも年齢層はバラバラで、
男女比も若干女性が多い程度のようです。

ここでの生活を選んでいる入居者の理由を伺うと
「誰かが『お帰り』と声を掛けてくれるのがいい」
「女性の一人暮らしでも安心」
「誰かがいてくれるので、子供から目を離すことができる」

特に興味深いものでは、他のコレクティブハウジングにお住まいの
小さなお子さんのいらっしゃる男性のお話です。
「家事や育児や近隣との関わりをわずらわしいからと
やらないことは、暮らしではないと思ったから
関わりを求めて、あえて入居を選びました」

見学で感じたことは、入居者は自分の生活をしっかり見つめ
どうありたいかが明確になっているから
ここでの暮らしを選べるのではないかということです。
そして、賃貸住宅を選ぶ選択肢の一つとして、
「今はコレクティブ・ハウジングで暮らす」なのです。

ユニークな考え

2010-03-12-Fri

 
「コスモマーケティング」という
ユニークなセミナーがありました。

これからは20世紀的なマーケティング手法の
もうそれ自体が違うんだという話なんです。

宇宙カレンダーを365日に換算すると
宇宙が誕生した137億年前が1月1日で
太陽が8月13日に誕生し、地球が9月14日に誕生し
ヒトが誕生するのは12月31日夜になるそうです。

そんなあとの方にひょっこり生まれてきた人間が
偉そうに地球を支配しようとしているけど、
ちょっと違うんじゃありません?ということです。

空2


意識的や無意識的に、あるいは潜在的に
そのことに気が付いた人たちは、その方向へと向かいます。
ソーシャルアントレプレナーというのもその一つで
スピリチュアルなことに関心が持たれるのもそのようです。

人も物もでき事も、すべては「つながって」いるそうです。
草木も石ころも、水も空気もすべてです。
だから、地球規模や宇宙規模で物事を考えるべきで、
これが自分のためで、人のためで、地球のためで、
宇宙のためになっているかってことを考えるんだそうです。

そして頭と心で、お金の回る仕組みをつくるのが
これからの21世紀的なビジネスです…と。

うわぁ~!と、目からウロコなお話でした。
そして、すべてはつながっているということに、
「なーんだそういうことだったのか!」と、
なにか納まりがついたような気がしています。

居心地のいい家

2010-03-09-Tue

  
家は居心地のいい場所であって欲しいと
思いながらお仕事をさせていただいています。

家が大きくても、そうでなくても、
戸建住宅でも、マンションでも、
ワンルームマンションであっても、
ただ寝に帰るためだけであってもです。

SWダイニング

居心地のいいという感覚は人それぞれです。

実は、モノがあふれている部屋が落ち着くとか
天井が低い方が安心するとか
暗い部屋の方が安らぐとか
小さな家の方が身体感覚に合うとか…。

その居心地の良さをつくるのが
採光や空気、眺め、素材、形、色、スケール感などです。

そしてこれらを決定づける要因が
ヒトとヒト、ヒトとモノ、ヒトとコトとの関係です。
関わり合い動くヒトがいて、使われるためのモノがあり、
過去と現在と未来に起こるコトがあります。

これらを材料に、目指すのは居心地のいい場所なんです。

マリメッコでファブリックパネル作り!Vol.2

2010-03-06-Sat

  
ファブリックパネル作りのワークショップのご案内です。

前回につづき、第二回目の開催となりました。

マリメッコの生地で素敵なファブリックパネルを作製いただき
お茶をいただきながら、インテリアのお話もしたいと思います。

ワークショップ100121.1


日 時:2010年3月18日(木)
場 所:Spaceレスピラール 奥沢5丁目(自由ヶ丘駅 徒歩6分)
     お申込み頂いた後に、」案内図をメールいたします。
参加費:3000円(材料費込)

定員8名とさせていただいております。
お申し込みは下記の「お申込み・お問い合わせ」よりお送りください。
ご参加を心よりお待ちしております。

お申込み・お問い合わせ

« PREV   |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事