画像が表示されない場合の代替テキスト

スポンサーサイト

-----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイアナス

2011-08-22-Mon

気になったので、買ってみました。
ブラジル製 havaianas(ハワイアナス)のビーチサンダルです。

havaianas.jpg
 

ちゃんと箱入りで、お値段相応に配慮されているようです。
その箱も、お洒落なビーチサンダルイメージさせるデザインです。

好奇心で買ってみたけれど、触ってみても、ひっくり返してみても、
どこをどう見ても、普通にビーチサンダルのような気がします。
でも、やっぱろ人気のビーチサンダルらしいです。

お店の人曰く、鼻緒で指の間が痛くならないから良いそうです。
試してみたいと思います。
スポンサーサイト

ビーチサンダル

2011-08-14-Sun

 
夏はビーチサンダル。
…と、ビーチへ行くことはなくても、そんな気分になります。

beach_sandal.jpg


ビーチサンダルの価格は1000円位というのが、わたしの思う相場でした。
ところが、街中のシューズショップでは、
何の変哲もないビーチサンダルが2000円近くもしているのです。
それで購買意欲も失せ、そのまま夏本番を迎えておりました。

そんなこともあり、友人と歩いていてビーチサンダルを見かけて、
なんで何の変哲もないビーチサンダルが高いのか、と意義を唱えました。
するとそれは、havaianas(ハワイアナス)というブラジル製の人気サンダルで、
なんでもハリウッドのスターもビーチや街中で愛用しているとか、
日本でもミュージシャンやモデルや有名人が愛用しているとか、だそうです。

それで、よくよく人様の足元を見ていると、
確かに!確かに!おしゃれな人々が、havaianasのビーチサンダルを履いて、
街を闊歩していているではありませんか!

富士山グラス

2011-02-18-Fri

 
ちょっと良いモノ見つけました。

fuji_glass.jpg


先日行った東京ドームのテーブルウェア・フェスティバルでは、
食器などのテーブルウェアが展示販売がされていていましたが、
メジャーなブランドや、そうじゃないものや、いろいろありました。
そのそうじゃない方は、そうじゃないだけに、新鮮な発見があります。

その中の一つが、スガハラの富士山グラス(フジヤマグラス)です。
グラスにビールを入れれば、山頂に雪の積もる富士山、赤ワインで赤富士、
と、注ぐ飲み物によって、違う表情の富士山を楽しめるのです。
そしてお値段が、なんと富士山の高さと同じ3,776円になっています。
日本人魂をくすぐられてしまう小粋なグラスじゃありませんか。

富士山グラスは焼印のされた桐の箱にはいって売られていて、
日本を象徴する富士山がモチーフなだけに、
特にお祝事の引き出物として重宝されて、人気があるそうです。

ウサギの鍋敷き

2011-02-16-Wed

 
南部鉄のウサギの鍋敷きです。
今年は兎年だから、こんなものを作ってみたそうです。

gotoku.jpg


南部鉄といったら、わたしなどは、鉄瓶のやかんをイメージしますが、
岩手県で作られる南部鉄器は、伝統工芸品に指定されているのだそうです。
お湯を鉄のやかんで沸かすと、お茶でもコーヒーでも美味しいそうです。
湯を沸かす際に鉄分が出るから、健康に良く、長生きするんだそうです。
先日のテーブルウェア・フェスティバルの催事ブースのおじさんが、
南部鉄器の素晴らしさを熱く語ってくださいました。

今年が兎年だから作ってみたというウサギの鍋敷きは、
ウサギの頭に鍋などの大きめのものをのせて鍋敷きとして使い、
丸い部分には、ティーポットのような小さいものをのせて使えます。
催事のおじさんは、自宅で植木の鉢置きにしているそうです。
使い道はいろいろだし、ウサギの耳の角度の具合とか、
みんなで丸い輪を支えている様子とか、わたしは一目で気に入りました。

おじさんに、来年は、来年の干支で鍋敷きを作るのか聞くと
「ん・・・、このウサギの売れ具合によるね・・・」
と、あまり意欲的でも、売れるとも思っていない様子でした。
売りたいのは、一つ数万円はする南部鉄瓶の方ですからね。
ところが翌日、やはりこの鍋敷きを買ったわたしの友人におじさんは、
「このウサギ、結構人気で、数が少なくなってきたんだよ」
と、意外そうに言っていたそうです。
伝統工芸である南部鉄器の製造元のおじさんとしては、
遊び心で作ったものだから、売れるとは思っていなかったようです。

Amazonに誘惑されて

2011-01-30-Sun

 
みな様お馴染のアマゾンですが、最近では本だけでなく、
いろいろなモノの購入に、活用させていただいています。
ノート、コピー用紙、インクカートリッジ、マジック、etc・・・

必要なモノを検索しているうちに、だんだんと、横道にそれるんですね。
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」に誘われ
「カスタマーレビュー」で、口説き落とされ、ポチっと。
これがアマゾンの戦略だとは分かっているけれど、罠にはまります。

ginger_spoon.jpg


そして届いたのがコレです。
「おろしスプーン」という、とっても便利そうなモノです。
冬のジンジャーティーに、このスプーンで生姜をすり下ろせば、
カップの中に、そのままチャポンと入れて、かきまわせます。
すり金に繊維を残こさないから、微妙に生姜を無駄にすることもなく、
別途スプーンを使うこともないので、後片付けも楽ちん、と、ね。

早速「おろしスプーン」を使って、ジンジャーティーを入れました。
お料理に、生姜やニンニクをすり下ろすにも良さそうです。

 |  HOME  |   NEXT »

ご案内

エム・アーキスタジオ 

S.Miyaji M・archistudio
「良質であること」
「シンプルであること」
そして「居心地がいいこと」
をテーマに、住まいづくりをしています。



最近の記事

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。